1920x1080-vivid-burgundy-solid-color-background


 ニューヨーク・ロンドン・パリに次ぐ 世界第四位の経済都市 東京は今後も都市への一極集中に伴いマーケットの拡大が予見されるなど「メガシティ東京」と言う確固たる地位を築いています。

しかし、グローバルな視点で観た世界経済の指標は厳しく、アメリカを中心とした欧州など、実体経済は世界不況にあり、今後も緊縮財政政策を余儀なくされていく事が予想されています。首都圏東京も例外ではなく、テクノロジーの進化に依る産業の萎縮化、少子高齢化問題、技術力の必要としない産業の競争激化など不安定要素を抱えており、私達の社会生活や企業形態も大きな構造転換を迫られています。

新興国の生活水準、知的レベルも益々向上する中で、日本の首都である東京近郊を中心に多くの他国籍外国人流入の肥大化、海外資本の介入など新たな潮流にも柔軟に対応していかなければなりません。このグローバル社会に巻き込まれながら、日進月歩から今進日歩で進化していく変化の激しい時代にあって、予想できない未来を見据えながらこのバブル崩壊以降の 長引く景気低迷期を脱していく為の施策、取り組み、エネルギーのあり方も、今後の課題とし強く意識していかなければならないでしょう。今はそういう時代になりつつあります。

 弊社では、これらの厳しい社会環境の中で東京近郊を中心とした事業主様、店舗主様に低価格にてホームページの導入をご案内させて頂いております。ホームページは会社、店舗などの詳細情報が掲載された電子パンフレットの様なものです。初めてホームページ導入をご検討中のお客様といたしましては、自社サイトの有効性、利便性、費用対効果などイメージが湧かない、料金システムの疑問点、サイト運営の維持費用、集客効果など、ご理解、ご納得していただくには、ご不明な点が多く、ご心配は当然の事だと考えております。これらの理由や事業主様の経費削減が重要課題となっております事もあり、大都市東京に於きましても、まだまだホームページ運用率は低調でございます。ホームページ導入費用に関しまして世間一般では、10万~30万、50万、70万、又は100万円以上と様々です。サイトクオリティー、サイトボリュームにもよりますが、相場自体が曖昧で、制作運営側の主観的観点で設定されている部分も当然ですが多分にあります。

 弊社では、サイト制作費コストに関わる全ての部分で効率化をはかり、低価格にてお客様のスキルやテクニカルな商品、サービス情報をいかにサイトを通じて適格かつシンプルに表現する施策、また、ユーザビリティーも考慮しながら有効活用して頂けるサイト制作に努めております。低価格サイトは、この情報化社会 調査すれば数多く御座います。しかしその多くは制作過程に関わるコンタクトは電話及びメール対応が一般的です。弊社では十分ご理解、ご納得して頂いた上でサイト導入をご検討して頂くというスタイルです。その為にはお忙しい事業主様、店舗主様のもとに大変恐縮でございますが直接足を運び、お伺いさせて頂きまして、Webサイトの概要(有効性・利便性)をご説明させて頂きましたら幸いだと考えております。

常にお客様視点に立ちビジネスに直結、寄与できる企画やコンテンツサービスの提案、お客様の利益がなんであるかなど、お客様からのご指導、ご鞭撻を頂戴いただきながら、共によりよい物作りに携わさせて頂ける関係でいただけましたらと思っております。この折にお気持ちがございましたら、ご相談、ご不明な点などお問い合わせホームまたはお電話にてお気軽にご連絡、お申し付け下さい。お客様の益々のご発展をお祈り願いますと共に、今後とも弊社への一層のご愛顧を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。


 

 

                  

グーグルアドワーズ
新聞・雑誌の広告相談
PAGETOP
Copyright (C)Web-Communication-Media Reserved